イノセントシープ

『日本は世界のおへそ』

世界でも日本は長い歴史をもつ国で、先人の知恵は実に・・・

素敵に繊細で機能的です。

節句や行事・祝日に隠れた『陰陽五行』を一緒に探してみません
か???

記事一覧(45)

question 用語解説

横文字 カタカナ みんなが普通に使ってるのだけど(;^ω^) 実はよくわからない言葉ってありますよね 

今更聞けない感じはよくわかります。そっと聞かれた質問に答えを残しておきますね あ行 アクティブ会員
 商品を定期購入してくれている会員のこと。決められた期間内での商品リピート購入会員のことを言う。  アップ 
紹介者や組織系列の直上の会員。もしくは、自分よりも早い段階で、同一のネットワークビジネスに参加した系列上の先輩会員。 ABC ネットワークビジネスで耳にするABCの意味とは

ABCとは、例えば自分に伝えたい人がいても上手く話せない場合にアップラインなどに応援を頼み、自分の代わりに話してもらう仕組みです。Aは、【Adviser】の略です。説明する役の人、つまり自分の紹介者や更にその上のアップのことです.Bは、【Bridge】の略です。橋渡し役の人、つまり見込み客を連れていくあなた本人のことです。Cは、【Customer】の略です。見込み客、つまり会員になってもらいたい人のことです。  アポイント アポ

appointment 面会の約束。予約。アポイント。略称でアポと使う事が多い


アフター(フォロー)

セミナーのあとに 参加者のフォローのために行われる会合。ベテランやリーダーが初心者の疑問に答えたり猜疑心を解くことで参加意識を高めていく。   
Instagram 
「写真」を撮影・シェアできる匿名のSNSサービスです。”写真だけのTwitter”をイメージしてもらうといいかもしれません。スマホアプリでの投稿が基本なのでスマホに特化したSNSともいえます。 インフィニティボーナス
 下位階層(レベル)に制限を設けていない、上位タイトル者に支払われる報酬の一種。  MLM 
MLMとはMulti Level Marketingの略で、日本では「ネットワークビジネス」「ネットワークマーケティング」「コミュニケーションビジネス」「組織販売ビジネス」「リレーションビジネス」など、様々な形態でよばれるマーケティングです。



このMLMの最大の特徴は、消費者自身が販売システムに参加できる事。店舗販売でなく口コミでの紹介販売である事。などが挙げられるますが、この特色の中で、多くの企業や消費者が参加をしており、日本だけでも500社以上のMLM企業があり、2000万人以上の人が何らかの形でMLM業界に携っていると言われています。



MLMの始まりは、アメリカで1930年代に小売り販売の一形態として誕生しました。その後、50年代にはタッパーウェア、アムウェイなどの企業が登場し、日本でもイーオングループ、山之内製薬、カネボウ、ダイエー、ソニーなど大手企業が参入または、設立に携わり。三基商事やノエビア、シャルレ、日健総本社など様々な企業が業界の第一線で活躍しています。



現在、アメリカの大学では1つのマーケティングの形態として紹介されており、日本でも99年度から早稲田大学の一般ビジネススクールでMLMに関する講義が開催されています。MLMは、法律上「特定商取引に関する法律」の中で「訪問販売」「通信販売」「連鎖販売取引」に該当します。 SNS Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略。

「人同士のつながり」をインターネット上でつなげるサービス。自己情報のコントロールや人との出会といった目的を掲げ、各社がサービス行っている。



「コミュニティー」を通じた「友達の輪」のネットワーク型組織。日本ではmixiやTwitter、世界ではFacebookなどがしられている。非匿名性のfacebookは名刺代わり日本でも浸透していて、多くの人が参加している。面白いSNSでは画像に特化したInstagramなどが人気  オートシップ  自分が選択した商品を毎月自動的に納品される購入方法。定期購入の事

消耗品などの商材を扱っているネットワークビジネスでは、購入者の便宜を図る為に採用しているケースが多い。企業やビジネス会員にもメリットが多くあるシステム。会員が注文した方品が毎月自動的に配達される購入方法で毎月、決まった日に商品が配達されるシステム。

料金の支払いは、銀行引き落としやクレジットカードや代引き  オポチュニティ(OM)  ネットワークビジネスに参加する機会を提供することでネットワークビジネス企業や会員が開催する会合の種別に使われることが多い。新規会員候補者向けの会合などを、オポチュニティセミナー(ミーティング)と呼びます。 か行 会員  勧誘や報酬を得る権利を企業から付されている参加者。ビジネス会員と同義語。


概要書面

「特定商取引に関する法律」で定められた、会員勧誘時に交付しなければならない書面。

未交付の場合、主宰企業が罰せられる。この書面は法律に基づく記載要件を満たしていれば、書面の名称は各企業の裁量で決めることが出来る。  カスタマーサービス  ネットワークビジネス企業の会員対応窓口。  還元率 【報酬用語】

商品に含まれる会員報酬の率。

報酬プラン計算上の最高還元率と実際に支払われている実質還元率がある。 カンファレンスコール 
電話会議のこと。ネットワークビジネスは会員の居住地が広範囲なので、複数同時通話可能な電話会議システムを利用して会議を行うことが多い。  グループ

同一ネットワークビジネスに参加する系列上の仲間のこと。または、自分から組織された集団、あるいはタイトル獲得者から系列下位のタイトル獲得者までの集団のこと。 クーリングオフ 
「特定商取引に関する法律」で定められた、消費者保護の為の無条件解約原状回復制度のこと。

ネットワークビジネスは商品の納品と契約書面の交付後、20日間は新規参加者の無条件解約と原状回復を受け付けなければならない。クーリングオフの拒否や妨害をすると違法行為となり罰則が設けられている。


クロージング

商品とビジネスの説明を行ない、それに対して相手が興味や関心を示したら、おおきく分けて二つ



1.登録の仕方と買い方を教える。

2.ビジネスの「始め方」と「やり方」を教えていく。



多くの人が「登録用紙」にサインさせることがクロージングと思っているが、これは間違い。 

コミッション 自分や自分の直紹介者・傘下メンバーなどの実績もとづいて、主宰会社から支払われる報酬。ボーナスも同義語。  コミット
 会員が自己のビジネス目標を設定し、その目標を達成する為にグループ内で宣言する公約のこと。 コンプレッション 
ユニレベルプランやマトリックスプランなど、階層(レベル)による報酬範囲が定められているプランで、

報酬計算期間内の商品購入のないダウンラインを排除して、定められたポイント以上の商品購入者だけを階層(レベル)としてカウントする仕組み。規定に満たないポイント購入者の成績は系列上位者(下位者)に合算される。  コンベンション 参加ネットワークビジネス会員を対象にした企業主催の大きな大会。日本大会や世界大会がある。この大会で実績を上げた会員のタイトル表彰や新商品が発表されることが多い。  さ行 サインアップ  主催企業の会員登録用紙にサインすること。


世代

定められたタイトルをもっている下位系列グループごとの階層。一階層を一世代と数える。同義語でフロア この場合は1F などと表記されることが多い  スターターキット 
ネットワークビジネスに新しく参加した会員が最初に受け取る活動の為の、販促資料やガイド、サンプル商品などをセットしたもの。  スポンサー

ネットワークビジネスに参加するときの直上のアップ。又は勧誘をした紹介者。

下位系列(特にフロント)に情報伝達やルール遵守の指導を、責任持って行わなければならない。スポンサーには 『保証者と教育に責任を持つ者』 の意味もあります。  スポンサリング ネットワークビジネスに参加するように勧誘する行為。リクルートと同義語。  スピルオーバー

バイナリープランやマトリックスプランで、システム上アップラインがスポンサーした新規参加者が自分のダウンラインに付くこと。自分の上位のアップラインから、自分の下位(ダウンライン)にメンバーが増えることを言います。

自分及び自分のダウンラインの紹介ではない新規登録者が、自分の組織の傘下に配置される事。アップラインから降りてくる事や、会社からの紹介でのスピルオーバーがあります。  スピーカー  セミナーやミーティング等の会合で説明を行う話し手。

同義語で プレゼンター


セミナー

会員や愛用者会員、会員予定者を対象に、企業や会員が開催する会合。商品やプラン、システムの説明会など。  セールスエイド

企業が用意する販促用品。各種書面、カタログ、パンフレット、フライヤー(チラシ)やノベルティなどがある。会員はこれらを購入して営業活動に使用する。た行タイトル実績に応じて与えられる称号、細かく昇格条件が決められており上位タイトルになるほど報酬率や報酬範囲が大きくなる。ランクと同義語。ダイレクトセリング 無店舗販売のこと。ネットワークビジネスは無店舗販売システムであることがほとんどである。


タイムフリー

ネットワークビジネスは自分の裁量により、自分の都合のいい時間帯(タイムフリー)に活動できるということが、最大のうたい文句になっている。  ダウンライン  組織上の自分から派生した下位系列会員。  ディストリビューター 勧誘や小売、報酬を得る権利を持つ会員。会員、メンバーと同義語。  ティーアップ ティーアップとはゴルフ用語にティーアップというのがあります。「ゴルフボールをちょっと持ち上げる」ことです。コミュニケーションする上でのティーアップも同じ。相手をちょっと持ち上げることです。ネットワークビジネスでは、よくABCの際に「ティーアップ」という言葉を用います。



その他にも 資料をティーアップする(お渡しする資料などを、「これ貴重なんだよ」等、有り難みが増すよう話す) セミナー(セミナー講師)をティーアップする(「この講師のセミナー、本当にいいんだよ」「なかなか機会がないんだよ」等)なんて使うこともあります。 デュプリケーション ネットワークビジネスは模倣(デュプリケート)のビジネスといわれている。うまくいったやり方をみんなでシェアするほうが各自が我流でやるよりも、もっとも高い成功率を得られるということがすでに数多く実証されている。  ダウンラインレポート 
組織上の自分から派生した下位系列会員のリスト及び活動(購入)状況データ一覧。現在ではオンラインシステムを採用している企業が多い。企業によっては会員登録個人情報や購入明細まで出るものもある。 な行 ネットワークマーケティング連鎖販売取引を販売方法に取り入れているビジネス形態の名称。MLMと同義語。


ネットワークビジネス

連鎖販売取引を販売方法に取り入れているビジネス形態の名称。

MLMと同義語  ねずみ講 1967年、内村健一が「第一相互経済研究所」という名称でスタートした金銭配当組織が発端。後に「天下一家の会」となり、会員総数は72万人にも達した。組織化の基本構造がネットワークビジネスとよく似ているため混同されがちだが、ねずみ講は「無限連鎖講の防止に関する法律」によって罰せられる。MLMとの区別は、そこに商品の販売という実態が介在しているかどうかによって明確となる。金銭・有価証券・収入印紙・切手などは違法。 は行 ハイピン
 高位タイトル保持者の呼び方のこと。タイトルを獲得すると主宰会社から、そのレベルに応じたピンバッチが贈られることから、高位タイトル保持者をハイピンと呼ぶようになりました。  プレースメント 
placementの直訳は  置くこと。配置。です。組織を指定した位置に置くって意味で使う事が多いです。この場合は指定するポジションなので 指定ポジションと呼ばれることがあります。



これに対して オートプレスメント この場合はそのマーケに設けられた設定で自動的に配置されます。

この場合は自動配置ポジションとも呼ばれます。 パワーライン。  自分からのグループの中で一番売上をあげているライン(系列)のこと。  パーソナル・セールス・ボリューム 
自己購入した額のこと。各種ボーナスの取得条件として、自己購入条件が設定されている場合が多い。PSV100ポイントなどと使う事が多い パーソナル・グループ
 自分から始まるグループから、独立したリーダーシップグループをのぞいたもの。サイドグループ、わきなどと呼ぶ場合もあります。ダウンラインから独立者が出る(ハイピンリーダー)までは、全グループがパーソナルグループとなる バリナリープラン

報酬システムの名称 2系列をを育成し左右に累積したポイントによる報酬が決まる仕組み 最近の起業する会社が多く取り入れている。左右のレッグをみて少ないほうで報酬を確定するケースが多い ブランチ branch 英語で枝、支流、支線、分岐、支社、支店、支部、分家、部門などのことを指します。

ここでは 朝食と昼食の間って意味ではありません。 Facebook
 世界中で多くの人が利用しているFacecook(フェイスブック)。日本でも幅広い年齢層に使われているソーシャルネットワークサービス(SNS)です。基本データとして実名や生年月日などを登録するため、友人とのコミュニケーションだけでなくビジネスの場でも多く使われます。Facebookは、SNSの中でも「実名で現実の知り合いとインターネット上でつながり、交流をするサービス」です。世界最大のユーザー数を誇り、2015年現在、14億人以上のユーザーがいるとされています。  フロント
 直接紹介したダウン。このことから、1段目のラインをフロントラインという。※但しバイナリーやマトリックスの場合は必ず1段目では無い事があります。  フィールド主宰会社に対して、全ディストリビューター側をこう呼ぶ。「フィールド」に対して、いくら還元しているかというように使われる。  ホイラーの法則 
1903年生まれのエルマー・ホイラーは、20世紀半ばに大活躍した歴史的な営業講師・コンサルタント。10万を超える数のキャッチコピーを分析し、その効果を検証したことで知られています。半世紀以上前という時代性を考えると、この分野における先駆者的な考え方を持った人物であったことがわかるのではないでしょうか?事実、やがて検証結果は「大多数の人に買わせるフレーズがある」という結論に結びつき、そこから「ホイラーの5つの公式」が生まれます。そしてこれが大きな話題を呼び、大手百貨店をはじめホテルチェーン、石油会社、クリーニングチェーンなど、さまざまな顧客の売り上げ向上を実現しました。 ヴォリューム 商品に付けられている点数。資格獲得のためのヴォリュームや報酬計算の基になるヴォリュームがある。

ポイントと同義語。  ま行 マーケティングプラン
 報酬プランのこと。ボーナスプラン、コミッションプラン、コンペンセーションプランと同義語。 マトリックスプラン ネットワークビジネスの基本的な報酬プランの仕組みの一つ。フロントの人数が予め決められているのが特徴。相互扶助の概念による共同作業で進む事が出来る。個人とともに会社や紹介者が一緒になってリクルートして、順列的に組織を構築するプラン。  マネーゲーム
 実際に商品の販売活動や普及活動をせずに、投資した特定負担が何倍にもなって返ってくると偽って勧誘する犯罪行為。ネットワークビジネスの場合、商品の価格の中に、商品原価・会社の利益・会員のボーナスの分が割り当てられているが、マネーゲームの場合は計算してみると明らかに商品代金を大幅に超える過剰払いになっているプログラムが組み込まれている。末端参加者の売り上げを上位者の還元に充当し続けることによって、ある時期までは「買い支え」が続くが、参加者が一定率以上で増え続けなければただちに破綻する。  マルチ商法・マルチまがい商法 
MLMとはマルチレベルマーケティングプランの略称だが、法的には連鎖販売取引という。「マルチ商法」という呼び方は、連鎖販売取引をしている企業が、被害者を出した場合のマスコミ側の呼称。個人がビジネスをするシステムとして、合理的で多角的な応用ができることから米国で「マルチレベルマーケティングプラン」として発祥した。「マルチ」とは多角的な機能を表現する言葉で、本来は良い意味で使われる。マルチタレントやマルチプレイヤーなど。健全なビジネスをしている企業までも、連鎖販売取引であるというだけで「マルチ商法」とひとくくりにされ、悪徳商法のように報道するマスコミの偏見と不勉強は、改善されなければならない。また、「マルチまがい商法」というのは、連鎖販売取引の法的な定義の用件(特定負担や再販売など)の一部を逃れて、規制対象外とする商法。平成13年6月の法改正によって、現在は「マルチまがい商法」では存在できない環境になっている。 マンスリーボーナス 1ヶ月ごとに支給されるボーナスのこと。当月実績(1ヶ月分)を月末で締め切り、翌月の定められた日にボーナスとして振り込まれる。主宰企業の多くは、クーリングオフの20日間を過ぎてからをボーナス日に設定している。  ミーティング
 商品や仕組みの勉強会、最新情報の通知、伝達、打ち合せなどの会合のこと。小規模なものから大規模なものまである。 や行  ユニレベル
 ユニレベルとは ユニとは単一とか1という意味で、ダウンライン一人一人の実績を計算するシステムです。

レベル1はあなたが直接勧誘した会員です。レベル2はレベル1が勧誘したメンバーです。・レベル3は~という感じで延々と続いていきます。



ユニレベルの特徴

ユニレベルは、ダウンラインが業績を上げても独立する事はありません。ボーナスはダウンライン1段目の何パーセント、2段目の何パーセントという風に計算されます。受け取れるボーナスは何レベルまでと制限している企業が多いです。他のボーナスプランと比較して初期から利益になりやすいです。(副業・サイドビジネス初心者が活動するのに最適なプランです)紹介した人がどんなに組織を大きくしてブレイクアウェイで独立するようなケースが無いので、一時的でもボーナスが激減することはありません。  ら行 LINE
 LINEとは、モバイルならiPhone・Android・フィーチャーフォン(ガラケー)・BlackBerry、Windows Phone、Nokia Asha、Firefox OS、PCならWindows、Windows 8、Mac OSで使える、無料通話とメッセージ送信ができるアプリです。全世界で4億人以上が使っています。  ライン 系列のこと。通常は縦の系列を言うが、レベルを示す時は横の系列に使うこともある。  ラリー 
決起大会。会員主催の大規模な会合をラリーと言う。企業主催でもラリーと言う場合もあ るが、コンベンションと呼称することが多い。 ランク 
実績に応じて与えられる称号、細かく昇格条件が決められており上位ランクになるほど報酬率や報酬範囲が大きくなる。タイトルと同義語  リクルート  ネットワークビジネスに会員参加を勧誘する行為。  リサーチネットワークビジネスに誘う前に、必ず行なうべき聞き取り調査。商品を使いたいのか ビジネスをやりたいのかのニーズを探る。ヒヤリングとも言う。  リストアップ  ネットワークビジネスはリクルート(スポンサリング)が生命線。

これを維持するには いつ・どこで・誰と会うかを決めてるデータベースとなるリスト作成が、

最重要の課題となってくる。

ネットワークビジネスはリストアップに始まり、 常にリストアップによって継続される。リーダー

グループの中心的役割を担う会員。あるいは規定されたタイトルホルダー以上の会員。 リベートボーナス  報酬の一種。自己の購入実績に対する割戻し報酬。 leverage 
レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、小さい資本で自己資本に対する利益率を高めることをさします。原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。てこを使えば軽い錘で重い荷物を動かせるように、レバレッジを使えば少ない自己資本で大きな資本を動かせる。  わ行 ワークショップ

会員向けのビジネスに直結する商品・システムなどの講習会や勉強会。