イノセントシープ

『日本は世界のおへそ』

世界でも日本は長い歴史をもつ国で、先人の知恵は実に・・・

素敵に繊細で機能的です。

節句や行事・祝日に隠れた『陰陽五行』を一緒に探してみません
か???

記事一覧(66)

若山博士の発見 論文 著書など 

#若山博士の発見論文 など  #バチスルセレウスSW菌 #抗生物質マイコセレイン #新規紅色色素 #キノベオン■1980年 横浜国立大学工学部安全工学科卒業(卒論:微量ニッケルカルボニルの検出方法確立)

1980年 (株)紀文食品入社 横浜工場配属 
■1982年 東京大学応用微生物研究所(現:分子細胞生物学研究所)に 国内留学 2年間在学 ■1984年~ 紀文食品研究所にて基礎研究・応用研究の実施

若山博士は研究生活2年目にカビを殺す抗生物質とそれを産生する微生物を発見し、この結果を学会に発表して研究者の仲間入りをしました。

発見された抗生物質はマイコセレイン
産生する微生物はバチスル・セレウスSW菌といいます。

いずれも若山博士が命名したものです。 ■1984 - Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 26 (6), 939-940, 1984
報文:Mycocerein, a novel antifungal peptide antibiotic produced by Bacillus cereus Wakayama Sachio, Fumiyasu Ishikawa, Kunio Oishi 01.ダウンロードはこちら
https://drive.google.com/open?id=1SPJoMVM_Yx4cwrSq8sJ9z9_oGcfCBxjC ■1995年 岡山大学農学部にて学術博士号取得
(博士論文:ベニバナ植物組織培養による新規紅色色素・キノベオンの生産研究)

キノベオンとは、若山博士が「学術博士号を頂いた際の研究テーマ
【ベニバナ植物組織培養による新規紅色色素生産】の研究結果で 得られた紅色色素である。

ベニバナの遺伝子に、ある刺激を与えると、このような新規色素が得られるというのです。普通、ベニバナからはこのような色は絶対に出ないので、ベニバナが普通に育っていれば、このような新規色素は得られないまま一生を終える。 ■1988 - Journal of Chromatography, 438, 61-72 , 1988
報文:High-Performance Liquid Chromatography of Carthamin, Safflower Yellow A and a Precursor of Carthamin--Application to the Investigation of an Unknown Red Pigment Produced in Cultured cells of Safflower. Katsuyuki Nakano, Yoshiro Sekino, Naogorou Yomo, Sachio Wakayama, Shuji Miyano, Kusaka Kazuhito, Etsuko Daimon, KazuhitoImaizumi, Yoshinobu Totsuka, Siszuru Oda, Yasuyuki Yamada

■1988 - New Food Industry, 30, (4), 7-9,1988
報文:ベニバナ色素の組織培養について 若山祥夫 02ダウンロードはこちらhttps://drive.google.com/open?id=1SQTz7f4NxxbHmfyBv2wolDvq6mcLwWkj 
■1988 - Zeitschriftb fur Naturforschung, 43c, 862-870,1988
報文:Accumulation of a Novel Red Pigment in Cell Suspension Cultures of Floral Meristem Tissues from Carthamus tinctorius L.Koshi Saitou, Etsuko DAimon, Kazuhito Kusaka, SachioWakayama Yoshiriro Sekino 
■1989 - 食品産業センター技術研究報告 15, 83-91, 1989
報文:多獲性赤身魚の食品素材化、特に矯臭に関する研究 若山祥夫、関野芳弘 ■1990 - Biomedical and Environmental Mass Spectrometry, Vol. 19, 395-399, 1990
報文:Sequence determination of unknown cyclic peptide antibiotics by fast atom bombardment mass spectrometry K. Ishikawa, Y. Niwa, K. Oishi, S. Aoi, T. Takeuchi, and S. Wakayama ■1990 - Biomedical and environmental mass spectrometry, 19, 395,1990
報文:Sequence determination of unknown cyclic peptide antibiotics by fast atom bombardment mass spectrometry K. Ishikawa, Y. Niwa, K. oishi, S. Aoi, T. Takeuti, S. Wakayama  ■1991 - Trans. Mycol. Soc. Japan, 32, 477-484, 1991
報文:マツタケの栄養菌糸のマツタケオール(1-octen-3-ol)生産におよぼす低温処理効果 寺下隆夫、竹内寿男、若山祥夫、関野芳弘、照井正三郎、吉川賢太郎、獅山慈孝 
■1992 - 食品産業センター技術研究報告 18, 25-30, 1992
報文:多獲性魚すり身の成分適正化加工システムの開発 若山祥夫、関野芳弘、照井正三郎  ■1993 - FEMS Microbiology Letters, 114, 167-172, 1993
報文:Rapid and sensitive method for detection of Salmonella strains using a combination of polymerase chain reaction and reverse dot-blot hybridization Kazuo Iida, Akio Abe, Hidenori Matui, Hirofumi Danbara, Sachio Wakayama, Kazuyoshi Kawahara ■1993 - FEMS Microbiology Letters, 114, 167-172, 1993
報文:Rapid and sensitive method for detection of Salmonella strains using a combination of polymerase chain reaction and reverse dot-blot hybridization Kazuo Iida, Akio Abe, Hidenori Matui, Hirofumi Danbara, Sachio Wakayama, Kazuyoshi Kawahara 03ダウンロードはこちらhttps://drive.google.com/open?id=1ud3YPC-jU-MhNgMkrXb8xjqAVZdNhbd2 ■1994 - Zeitschriftb fur Naturforschung, 49c, 1-5, 1994
報文:Kinobeon A, A Novel Red Pigment Produced in Safflower Tissue Culture Systems.Sachio Wakayama, Kazuhito Kusaka, Tsutom Kanehira, Yasuyuki Yamada, Kazuyosi Kawazu, Akio Kobayashi04ダウンロードはこちらhttps://drive.google.com/open?id=1gjthto8pNv-6nxtzpue23KvUxZc2Wfs0 ■1994 - Biosci. Biotech. Biochem. 58(3), 600-601, 1994
報文:Isolation of Sphingomonas Strains from Ear of Rice and Other Plants of Family Gramineae Kazuyoshi Kawahara, Ikuko Mizuta, Wakana Katabami, Megumi Koizumi, Sachio Wakayama  ■1995 - 岡山大学農学部博士論文
 ■1996 - 論文:ベニバナの組織培養法による新規紅色色素の生産に関する研究 若山 祥夫 05ダウンロードはこちら https://drive.google.com/open?id=1CyftZOdZZ3E8OoReFJ6dz2ADMyTmLF_N ■1995 - Shokubutu Sosiki Baiyou , 1995 12(3), 297-302
論文:A novel red pigment, Kinobeon A produced by the cell culture of Compositae plants. Sachio Wakayama, Tsutomu Kanehira, Kazuhito Kusaka, Kobayashi Akio  ■1996 - Jpn. Food Saiensu , 1996 35(2), 39-43
論文:Chitosan as designated health food material Sachio Wakayama, Ciyoe Hirata, Koji Sakamoto 06ダウンロードはこちらhttps://drive.google.com/open?id=15lR360fqNyKuzYQ8RfNq40NrgPjUZqTx
 ■1998年 株式会社らいむ 設立 代表取締役 就任 ■2008年 株式会社本物の市場を設立、代表取締役社長 就任
NPO法人 食の未来研究所 設立 所長(理事長)就任
同年3月ロサンゼルス健康博覧会、5月日本歯学会、9月東アジア国際きのこ会議、10月ラスベガス健康博覧会において学術発表を実施。また各地で「食と免疫の関係」「食とアンチエイジング」「本物の食とは?農業とは?」等についての講演活動を実施。■ 2009年 著書「老いない食べかた」(幻冬舎)刊行  価格 1000円