@LINE食ベルコトハ明日ヲ生キルコト

食ベルコトハ明日ヲイキルコト

配信希望はこちら

https://goo.gl/4SGRX8

秘密のコミュ 『食べることは明日を生きること』

秘密のコミュ参加希望はこちら

『食べることは明日を生きること』

https://www.facebook.com/groups/taberukoto/

はじまりのはじまり

今 貴方が見ている このサイトは2001年から始まった。ある日本の博士が発表した『和食のテクノロジー』をきっかけにした 一つのムーブメントを・・・・


スマホ用にWebを追加して、デジタルとアナログの二本柱としてプロジェクトとしてリニュアルしたプラットホームです。


貴方が必要とするイベント情報もfacebookへの誘導も @LINEとも同期しています。


スマホなら右上の三本線がメニューです。

PCなら上部に横にメニューが並んでいます。

事前に秘密のfacebookコミュと@LINEにご参加しておくことをお勧めします。

不定期に情報配信 各地のWOM情報を当日案内しています。

ビジネスツール満載で構成されています。

https://goo.gl/4SGRX8

若山博士の技術とウィルセルアンバサダーが生まれるまで

2018/07/28 に公開 2019/05/21更新

ふざけて作ってるのではないのですけど・・・

どうしてもイタズラ心が(;'∀')

2001

若山博士が2001年 米国アナハイムで和食のテクノロジーを発表

同じ年に国内でSuicaが導入です。

2004

2004年にウィルサーチは起業 

Facebookと同時です。

2007

2007年iPhoneが出て日本で発売開始

若山博士は『老いない食べ方』を出版してます。

2008

初代iPhoneがリリースされたのは2008年

何が言いたいのかと言うと 優れたテクノロジー はしっかりと時間をかけて浸透して今や普通に使ってるのです。


大体が10年か20年の期間があるのだけど、そこに着目して

若山博士の発表してきた事と世の中を合わせて考えてみましょう

2010

Instagramサービス開始

若山博士は『若返る食べ方』を出版

インジュブは世界で300万本の大ベストセラーへ

2011

LINEがサービス開始

世界で14ヶ国で若山博士の作った原材料は愛されるようになりました。

2013

ユネスコが和食を無形文化遺産に認定

大豆フードが海外で注目されて、外国人がお箸を使えるようになったころです。

2016

日本国内ではガラケーがまだまだ多いころにFacebookとLINE戦略で プロジェクトとして『食べる事は明日を生きる事』をスタート


2016年初期のLINEは グループ100人が上限で、メッセンジャーも文字だけでした

2017

2017年頃にはLINEは上限500人 メッセンジャ-はテレビ会議出来る用になって、更にFacebookのライブ配信は4時間連続配信まで拡張されて

WOMも安定したWi-Fi環境であれば 誰でもスマホから 配信も視聴も出来る用になりました。


日本人の平均寿命 女性 87.14歳 男性 80.98歳


若山博士は、更に日本食の未来形 丸ごと大豆分解物のリリース プチダイエット 脳内サプリとしても期待されます。 


更に、この年に若山博士は、三つの用途特許を取得します。

一つの原材料で、三つですから驚きです。


用途特許 1:創傷治癒活性  2; UV活性 3;神経突起伸長作用

2018年

若山博士は更に、共同研究チームと原材料の結果を早める事に成功します。

W-HAにビタミンC誘導体追加 → W-MCに名称変更 


日本人の平均寿命 女性 87.26歳 男性 81.09歳 男性も81歳を超えた。


若山博士は 更に五つの用途特許を取得します。

これで博士の原材料は全部で8つの用途特許を持つことになります。


4:膝・腰痛低減 5;コレステロール低下 6;血統低減 7;拡張期血圧低下 8;膝関節可動域拡大

2019

いつしか 僕らは 若山博士の技術 ウィルセルテクノロジーを広める大使として、自らをウィルセルアンバサダーって名乗るようになります。


そして 若山博士はついに、博士の創り出した。『食』由来の原材料『W-MC』そのものに・・・


物質特許を取得

2020近い未来

日本国内では、超高齢社会を迎え 100歳時代 を生き抜く事に


ヒトは生まれてから死ぬまで食べる事をやめません


『食』を通じて パラレルキャリアを意識したプロジェクトに、貴方も参加してみませんか?

ドネーション(donation)とは▼

「寄付」「寄贈」を意味する英単語。

@食べることは明日を生きること

ウィルセルテクノロジーのファンクラブのWeb上のプラットホームです。その活動は各エリアリーダーのボランティアで運営しています。頂いた活動基金はイベント運営説明会開催 各種説明会 会場使用料 資料作成などに充てています。