食ベルコトハ[story]

【WBS】100歳まで死ねない時代

https://tabekoto.amebaownd.com/posts/2318546

世界が認めた和食のテクノロジー

素材の本来の旨味を引き出したい

はじまりのはじまり

2001年 アメリカ

海外の研究者の前で研究発表

はじまりは原材料としての発表でした。

アメリカ4大ニュースで報道

何を発表したのでしょう?

さて?問題です(笑)

保水/保湿/代謝/免疫に欠かせない

代表格のヒアルロン酸の高分子構造

ムコ多糖を創り出している細胞があります。

どんな『食材』に含まれているのでしょう?

残念な事にヒトは・・・

驚いたことに

食べる事で傷が・・・(;^_^A

吸収できないとされていたムコ多糖を消化吸収していると驚きの体験が世界で認められていきます。

身体の中から 若返る

その答えが日本で発見されました。

海外で年間300万本の販売実績

導き出された結論

ウィルセルテクノロジー

博士ってどんなヒトなんでしょう?

エンジニアから『食』の世界へ

食の持つ有効成分に着目バイオの道へ

未知の成分.新規成分を見出す

今までの健康食品に疑問が(^^;)

成分の寄せ集めでは無い 『食』の有効成分を丸ごと

薬には出来ない食べるモノなら出来る事

傷修復や免疫の落ちた体は病気になりがちになります。

病は薬で治すことは出来ますが健康は手に入りません

健康を手に入れるには食そのものの考え方が必要なのです

多くの研究機関が・・

若き後継者がいます。

食べるメカニズムを理解しましょう

吸収された有効成分は

若山式酵素調理法 熱を加えません

マジックエンザイム

その過程でヒトが分解できなかったムコ多糖を超低分子化してくれています。

寄せ集めないで丸ごと分解

博士の作った原材料は

2016年には神経細胞に・・・

でも 何故高分子構造じゃ無く超低分子にしたのに

それは外からムコ多糖を入れているのでは無く

2017年に三つの用途特許

2018年に更に五つの特許

今もまだ申請中

海外では年間300万本

海外で18年目国内で15年の驚きの体験と実績があります。

ユーザーだけが参加している秘密のコミュがあります。

バックアップ企業は2004年から15周年を迎えています。

Will-Cell Ambassader

なんといってもこれが主力

ここ一番 勝負の時に

引き締めたい デトックスしたい

野菜をとって血液サラサラ

お腹の中を綺麗にしましょう

疲れたトキや体調悪いなら

次世代の食品なんです。

2018年の日本人の平均寿命です。

日本は世界から見て超高齢大国です

1990年代

2020年予測

おむつって誰のモノ?