食ベルコトハ[story]

【WBS】100歳まで死ねない時代

https://tabekoto.amebaownd.com/posts/2318546

世界が認めた和食のテクノロジー

素材の本来の旨味を引き出したい

その夢はバイオの分野に進化します。

はじまりのはじまり

2001年 アメリカ

海外の研究者の前で研究発表

はじまりは原材料としての発表でした。

アメリカ4大ニュースで報道

日本の平均寿命をご存知ですか?



2020年の人口構成ピラミッドを理解していますか?

バブル時代(バブルじだい)

日本における安定成長期の1980年代後半から1990年代初頭の好況期のこと。バブル期とも言う。1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までのバブル景気

2019年団塊の世代は72歳団塊ジュニアは48歳

東京オリンピックが開催される2020年の日本の人口構成です。人口の3.5人に1人が65歳以上、6.7人に1人が75歳以上で、高齢者と生産年齢人口の比率は、1対2.0となっています。

(2人ないし3人の青年・壮年・中年が1人の65歳以上の高齢者を支えていく社会)

出産や子育ての中心となる若い女性に着目すると、20歳~39歳の人口は約1,285万人で、総人口に占める割合は10.3%です。5年前の同世代の女性数に比べると6.9%の減少となります。

さて?問題です(笑)

みずみずしいままいられる仕組みはわかっています。

ムコ多糖を創り出している細胞があります。

どんな『食材』に含まれているのでしょう?

高分子構造って?

代表的なヒアルロン酸の高分子構造です。

分子量で600万~800万
連結している数は1.5万~2万の連結

世界が注目した和食の酵素調理法

この技術を世に広げたい そんな想いで僕らは集い 今は ウィセルテクノロジーの虜になったヒト達を ウィセルアンバサダーって呼んでいます。

成分の寄せ集めでは無い 『食』の有効成分を丸ごと

3つの技術と『食』であること

繊維芽細胞の活性が悪くなると老いていきます。

傷修復や免疫の落ちた体は病気になりがちになります。

病は薬で治すことは出来ますが健康は手に入りません

健康を手に入れるには食そのものの考え方が必要なのです

食を身体に取り入れるって改めて考えてみましょう

普通の健康食品や薬の考え方では・・・

博士は食そのものの栄養を丸ごと運べたら?

熱を加えず酵素の力で

若山式酵素調理法

その小ささは分子レベルです。

アミノ酸二つで1ユニットです。

1.5万~2.0万個の連結してる高分子構造

これをウィルセル化すると

最小まで分解されています。

ヒアルロン酸だけじゃ無いのです。

その原材料が口から入ると身体の中で

研究の結果

産学連携・共同研究

石川県立大学 大阪府立大学 大妻女子大学 近畿大学 県立広島大学 同志社大学 その他、研究機関

25歳以降に活性が弱まった

W-MCを一滴たらすと・・・(◎_◎;)

傷に対して食べる事で・・・

貴方の身体の中から再びムコ多糖を創り出す。

海外では

用途特許があります。

一つの原材料でいくつもの用途特許を取得しています。それって注目すべきポイント!!です

博士の作った原材料は

博士ってどんなヒトなんでしょう?


1957年生まれ61歳

1980~2000年

2001年 アメリカで発表

2004年 ウィルサーチ設立

2006年~2008年少しづつW-MCの研究成果が解明されてきます。

2009年 老いない食べ方

2010年 ラジオ放送

2011年 若返る食べ方

2013年 頃になると世界14ヶ国にも広がりが出てきました。

2016年御殿場に研究所と世界を見据えて自社工場を構えます。

2017年 三つの用途特許を取得します。

2018年 更に用途特許は増えて8特許になりました。

若き研究者の育成

2019年 ウィルサーチは15周年を迎えます。

世界に広がったW-MC

メイン商品はウィルピュアです。

海外で18年国内で14年の驚きの体験があります。

ユーザーだけが参加している秘密のコミュがあります。

バックアップ企業があります。

CEOとCOO

2-TOP

博士の作った製品たち






市場性と長期年金型プロジェクト