団塊の世代 団塊ジュニアと人口構成ピラミッド

団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代のことです。 第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことです。 第一次ベビーブーム世代とも呼ばれ、日本経済においては第二次世界大戦後の高度経済成長、バブル景気を経験しています。 


1947年(昭和22年)生まれは267万8792人、 

1948年(昭和23年)生まれは268万1624人、 

1949年(昭和24年)生まれは269万6638人であり、

3年間の合計出生数は約806万人にのぼります。 


この子供たちの世代を 第二次ベービーブーム 団塊ジュニア世代と呼びます。 日本において、1971年から1974年までに生まれた世代。ピーク(1973年)は210万人、団塊ピーク(1949年)の270万人より少し少ないです。


2017年年 その団塊の世代が満70歳を迎えています。 


 人工構成ピラミットで振りかえって考えてみましょう。


 団塊の世代が23歳の時 団塊ジュニアが生まれだす時期です。

 となると

今から3年前の2015年( ^ω^)・・・

さて ここからは予測ですけど・・・

2018年の今年から2020年を予測するとオリンピックを迎える 

 団塊世代73歳 団塊ジュニア49歳

 2020年の予想はこうなります(;^ω^)

 団塊世代93歳 団塊ジュニア69歳

今後22年後 まだ日本が平均寿命が延びたなら・・・

今から20年たった日本での国内での生産人口は減り、シニア層は二つのコブ状態を維持しますね

こうなると 外国からの外貨の取り入れなどが必須で、世界に目をむけて若い世代に託すことが求められるんでは無いでしょうか?それも長期展望が必要で、歴史のある日本の特徴がカギになるのでは?

日本は 世界最初の 超高齢化社会を迎える事は ほぼ間違いないでしょう。


生涯現役で 元気で綺麗に快適な生活をしながら、世代を超えてのコミニケーションスキルを求められれる事は間違いないようです。


100歳まで生きる時代


貴方は何を 第二のキャリアに選択しますか?

そして 未来の日本の子供たちに何を残していけるのでしょう?


若さの創造 未来の子供たちへ大人の食育


一緒に考えてみませんか?


食べることは明日を生きること

遥か昔から世界中で人が願い続けた夢 【若さの創造】と【未来の子供たちへ大人の食育】

0コメント

  • 1000 / 1000