物質特許って どんだけスゴイの?

 ■ そもそも特許ってなんでしょ? 


 特許・実用新案とは 特許制度は、産業の発展に寄与する発明をした者(又はその承継人)に対し、その発明の公開の代償として、一定期間、その発明を独占的に実施できる特許権を国が付与する制度をいいます。発明とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」(特許法第2条)と規定されています。 


 (発明したヒトの権利を守るものって事ですね。)


 ■ 用途特許って?  


「用途特許」とは、既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許です。「用途特許」では、たとえ物質特許を持っていた場合でも、その物質を使った製品の用途に関して他者が用途特許を保有していた場合、用途特許のライセンスを受ける必要があるため、化合物の権利を保護する観点から、わかりうる限りの用途特許を取得することが望ましいと考えられています。


 (つまり 物質そのもの有効性について、用特許は多ければ多いほど優位性があるって事になるんですね)



 ■ じゃ それに物質特許を持つって事は? 


「物質特許」とは、新規に生成された飲食物、医薬、化学物質に対して取得される特許を指す。これらのものは日本では元々不特許発明とされていたが、昭和51年の特許法などの一部改正により、これらの発明も特許として認められるようになった。現在、医薬品業界などにおいては、「物質特許」の他、用途特許、製造特許を組み合わせることによって、医薬品や化学物質の権利を保護している。 


(用途特許と物質特許をもてれば 第三者が製造する事が出来なくて、発明者の利権が守れるってコトになりますね) 


 ■ 物質特許に注目している業界って? 

それは 医薬品業界です。 医薬品産業は特許にすべてがかかっている産業といっても過言ではありません。それだけに、特許をめぐる駆け引きは複雑かつ熾烈であり、各社とも神経を尖らせています。 もし年間1,000億円売れる医薬品であれば、特許が1日長く有効になるだけで、単純計算で売り上げが3億円近く変わってしまいます。


(確かに 製薬業界では死活問題ですね。一つの特許で数千億の利益がでる特効薬もあるんですもん)


 ■ 医薬品業界からみた物質特許って?


  医薬品をめぐる特許には、いくつかの種類があります。中でも最も重要なのは、物質特許と呼ばれるものです。文字通り、医薬品候補化合物の構造式を指定し、「この化合物はわが社の特許化合物である」と囲い込むものです。審査を受けて特許が成立すれば、特許期間が終了(延長を含めると最長で25年後)するまでは、他の会社がその化合物を製造・販売することはできなくなります。 物質特許はほとんどの場合、単一の化合物でなく一定の範囲の化合物を指定して出願されます。


 それじゃ若山博士の作った 『食由来の健康美容原材料』『W-MC』って・・


 まず、用途特許があります。


 そして 健康食品業界では初の物質特許を取得



 『薬』には出来ない事を『食』の持つ有効成分を余すことなく有効に、細胞が喜ぶ『食』として・・・ 


日本発信 世界行きの 夢の切符 ホントに若山博士が 挑戦している 『食』の革命は確実に実績が認められているのです。


#若山博士 #三浦博士 #和食のテクノロジー #ウィルセルテクノロジー #ウィルセルアンバサダー



食べることは明日を生きること

遥か昔から世界中で人が願い続けた夢 【若さの創造】と【未来の子供たちへ大人の食育】

0コメント

  • 1000 / 1000