令和時代の働き方改革は 大手銀行にも

銀行員に副業や兼業を認める方針を明らかにしました。 

みずほフィナンシャルグループは、守秘義務や会社の承認などのルールを整備したうえで、全社員を対象に今年度中にも副業や兼業を認める方針です。


同業他社は原則禁止するなど制限はあるものの、別の会社で働くことや新たな会社を設立することも可能になります。異業種の参入などで銀行を取り巻く経営環境が厳しくなるなか、IT企業やメーカーなど様々な会社で働く経験を生かし、新たなビジネスを生み出せる人材を育成する狙いです。

 [テレ朝news]


さて 大手企業も【人生100歳時代】

定年の年齢の70歳までの引き上げ

政府も年金支給を68歳まで引き上げようと


企業の中での働き方も、2018年5月、働き方改革法案は衆院本会議を通過。これにより、事実上、青天井だった残業時間は、今後どんな理由があろうとも年間720時間が上限になります。既に、大企業の大半が大幅な残業制限に着手済です。


リスクヘッジを 考えた働き方が必要になってきそうですね。


時間をお金に換える 時間給って考え方以外の、ライフスタイルの提案そのものがビジネスモデルになる体験納得型の市場形成が可能 って そんなプロジェクトに参加出来たらどうでしょう?



『ヒトは生まれてから死ぬまで食べる事をやめません』


 そこで、令和時代の働き方改革に 僕らが出来る事として、パラレルキャリアを意識した『食』に特化したプロジェクトを展開しています。 日本の和食のテクノジーが、世界で認められてる事を貴方は知っていますか? 


 #若山博士 #三浦博士 #和食のテクノロジー #ウィルセルテクノロジー #ウィルセルアンバサダー   






食べることは明日を生きること

遥か昔から世界中で人が願い続けた夢 【若さの創造】と【未来の子供たちへ大人の食育】

0コメント

  • 1000 / 1000