和食って?【1】

和食の『和』は『日本』の意味です。
日本の食事のことを和食といいます。
そんなことあらためなくても(;^ω^)
でも 今日は改めて考えてみましょうか?


■ 世界の食事と比べてみて、実はとてもバランスが良いって気が付いてましたか?よく聞くところではww

① 一汁三菜(いちじゅうさんさい)

一汁は汁物を1品、三菜は料理を3品という意味ですけど

懐石でも本膳料理の流れをくんで、まず飯と汁に加えて、向付(むこうづけ)と呼ぶ膾や刺身の1品が出される。次に煮物椀と呼ばれる煮物や吸物の1品が出され、そして焼き魚等の焼物の1品で三菜です

② 一汁一菜(いちじゅういっさい)

こちら一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つで、粗食を指します。


「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばありますが、これは これで実は長寿や健康に良いとされていますね。

例にすると

禅寺の食事が一汁一菜の食事を守っており、禅僧たちは一汁一菜の質素な食事でも、寺の仕事と修行をたっぷりこなし、さらに病気にかかりにくく長寿をまっとうするといわれています。

どちらにしても 主食・主菜・副菜・汁物 とバランスが良く出てきます。


■ ここで 気が付きました?


実は世界的に見て 和食って 常にバランス良く食べてるでしょ?

欧米のスープ サラダ 肉 デザート なんて順番に出てきたりする食事や フランス料理や中華料理というと、油やクリームでじっくり煮込んだり炒めたりして何重にも足していく食事と比べて、いつ食事をやめても常にバランスよく食べているんです。


もう一つ 面白いことは 日本人の食事って基本、貧富や階級の差で大幅に変わっていないんですよ(笑)


素材の味を引き出す事に重点があることも特徴なんです。

一番わかりやすいのは『お刺身』です。

わずかな醤油とワサビで魚介の持つ特質を味わおうとする。こんな繊細な食べ方は、日本人ぐらいだと思いませんか?

『和』は『なごむ』とも読みますね。日本人が長い年月をかけてはぐくみ育ててきた食文化は、人の心を和ませるものだなぁと思うんですよね

食べることは明日を生きること

遥か昔から世界中で人が願い続けた夢 【若さの創造】と【未来の子供たちへ大人の食育】

0コメント

  • 1000 / 1000